講師としての行政書士の求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 講師としての行政書士の求人

講師としての行政書士の求人

行政書士の知識があるのであれば講師になる道も考えられます。これから行政書士を目指したい、知識を得たいとしている人はたくさんいるので、そういった人たちの役に立ちたい時に選びたい求人といえるでしょう。ただし、講師の業務は行政書士の業務に従事するのと比べて大きな違いがあることには注意しなければなりません。ただ単に行政書士の知識があればそれでいいというわけではないので、しっかりと講師としてのノウハウを得ておく必要があります。

講師としての行政書士の求人に応募するための条件についてですが、基本的に「行政書士の資格を持っていること」は必須です。そもそも行政書士の資格を取得するための講師なわけなので、講師自体が資格を持っていなければ教えられるわけもありませんし、誰も教えてもらおうとしません。そのため、求人に応募する前にこの条件を満たしているかどうか確認しておきましょう。

ただし、行政書士のベテランでなければならないというほどではありません。あくまでも資格さえ持っていればよく、行政書士としての実績はあまり関係ありません。

上記以外の条件は特に講師や行政書士などに関係なく、他の業種でもよくあるものとなっています。たとえば、長期間勤務できることや、パソコンの基本操作ができること、未成年でも高齢でもないことなどです。これらの条件をすべて満たすことができれば、問題なく求人に応募することが可能です。

講師としての行政書士の求人における報酬は時給制となっていることが多いです。そのため、働けば働いたぶんだけのお金が入ってきます。また実績次第では歩合をもらえることもあるので、モチベーションが向上しやすい環境といえるでしょう。

講師と生徒のマッチング方法は主に2通りあります。スクール会社が講師に生徒を割り当てるか、それとも生徒が講師を指名するかのどちらかです。前者はスクール会社の言う通りにすればそれでいいわけですが、後者はある意味人気商売となるので、意識の持ち方が変わってきます。たとえば、誰も自分を指名してくれず、報酬が0円というリスクもあるわけです。

そのかわり生徒が講師を指名するスタイルは講師がスケジュールを組む自由性があります。講師がレッスンできる日や時間をあらかじめ公開し、その情報を見ながら生徒が予約して、予約に合わせてレッスンを行います。交通費が支給されるかどうかはそのスクール会社の方針次第なので、忘れずにチェックしておきましょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.