公務員の行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 公務員の行政書士求人

公務員の行政書士求人

公務員の行政書士求人を考えると公務員は公務員として17年もしくは20年働く事により行政書士資格を得る事が出来ます。 行政業務に関わる事により、いずれ公務員の方は行政書士の資格を得る事ができます。 しかし、公務員が行政書士として転職を考えるか?といえば、答えは「NO」という意見が多いと思われます。

行政書士は大体高収入が期待できないと思われている傾向にあり、実際最低年収は200万円程となりますし、開業しても顧客をつかめなければ収入が無いわけです。 なので、わざわざ公務員を辞めて行政書士の道へ転職する方は実際少ないというのが現実です。 もちろん、行政書士の独立開業自体も数は少なく開業に至っても廃業する行政書士事務所も多いのが現実です。 それだけ、行政書士の生き残りは大変でそれ相当のスキルがあって営業力が伴わなければ開業&成功する事は難しいのです。

ただし、公務員の行政書士求人と考えれば公務員、女性、男性に関係なく行政書士求人はほとんどの場合が資格をそれほど重視せず、他スキルや経験を重視するので、公務員の行政書士求人に限らず未経験の行政書士求人も多数あります。 元公務員組で今は行政書士という方も実際おります。 ただし、ほとんどの場合が本気で行政書士を行っていないケースが多いです。 つまり行政書士オンリーの仕事ではなく士業と兼業で何とか収入を得ている行政書士が多いです。

また行政書士だけで収入を得ている方の中で年収300万円以上という行政書士の方は地域によってもちろん異なりますがほとんどいません。

いずれにしても公務員の行政書士求人はありますが、何度も言うように行政書士求人のほとんどが、事務所や企業の即戦力となる人材を求めていますから、行政書士資格保持者でもなくとも営業力に長けている、英語スキルが高い等の人材が求められますので、公務員として長きにわたり業務を行い行政書士資格も営業力もあるという人材なら求人における採用率も高く内定率も高いです。 また公務員として行政業務に携わっていた経験があれば、行政書士事務所での業務にも大いに生かせますので、公務員の行政書士求人への転職は十分に可能ですし、行政書士求人もあります。 ですが、一般的な結論から言えば公務員が行政書士として転職される方は少ないというのが現状で、ほとんどが副業として関わる程度と考えられます。

ですが、公務員から行政書士への転職は実現しますし、それに伴う求人も多数あります。 ただし本気で転職をお考えの場合は、仕事に見合う収入を得るためにも転職エージェントを利用する有利な転職活動を行う事が大切です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.