アルバイトからスタートの行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> アルバイトからスタートの行政書士求人

アルバイトからスタートの行政書士求人

行政書士の資格を持っている人は、日本全国で3万人を超えるとされています。この数字は大きいものには見えませんが、開業している事務所の数や実際の仕事量を考えると、需要に対して行政書士の数は多いという現状にあります。そのため、行政書士が余っていて、なかなか就職が厳しいという現状があります。

というのも、行政書士の多くは個人で独立開業するパターンが多いので、大きな事務所や企業でない限り、行政書士を雇うということがあまりないからです。こうした状況から、行政書士としての経験を積むため、独立開業の準備段階として業務の流れを覚えるため、アルバイトから始めるという人が多い傾向にあります。

有資格者の割には給料が安いという面もありますが、アルバイトとして働くことで事務所でどんな業務が実際に行われているかを体験できますので、お金に換えられない経験を積めるのがメリットです。官公署に提出する書類の作成が行政書士の主な仕事ですが、意外と書類の種類が多いので、こうした書類になれるのにも時間がかかりますし、こればかりは実際に業務をこなしてみないと慣れないものです。アルバイトとして大きめの事務所に入れば、いろいろなタイプの書類に触れることができるので短期間でいろいろなことを覚えられるでしょう。また、顧客の中にはどの書類を作成すべきか分からず、事務所を頼りにして来るというケースもあります。行政書士の資格があるからといって、実際の経験を積んでいないと、分からないこともありますので、経験ある先輩と一緒に働いて学べるのは貴重な機会となるでしょう。

実際にアルバイトの求人を探すのであれば、いくかの注意点を覚えておくと良いでしょう。一つ目としては、大きめの事務所を選んだ方がたくさんの経験を積めるということです。アルバイトとして働く大きな目的は、やはり経験を積むことですから、いろいろな種類のケースを扱うことができて、個人の事務所ではチャンスが少ない分野の業務ができる方が良いでしょう。また、将来的に独立開業を目指しているのであれば、自分が行いたい分野の業務を行っている事務所を探すようにします。行政書士と一口に言っても、いくつかの得意分野があって、それぞれ業務分けがなされていることが多いものです。やはり、将来行いたい分野での経験を重視して積むことで、その分野でのプロフェッショナルになることができます。このようにして、アルバイトの期間を有効活用することができるでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.