激務でない行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 激務でない行政書士求人

激務でない行政書士求人

行政書士の仕事内容は多岐に亘るため、事務所によって、また地域によって大きく業務量が異なります。毎日の仕事量が安定していて、いわゆる定時で仕事を終えられるところもあるかと思えば、毎日膨大な仕事量があって激務の毎日が続くところもあります。もちろん、仕事が多くたくさんの業務をこなせることは良い経験になりますし、やりがいがあるとも言えますが、家族を持っている人には負担になりますし、体を壊してしまうこともあります。そのため、激務とならない程度の仕事が確保できる求人を探すのがベストでしょう。

激務になりかねない事務所にいくつかのタイプがありますので、そのような特徴を知っていると、激務を避けて事務所選びができるでしょう。1つのタイプとしては、特定の時期に業務が集中してかなり忙しくなる事務所です。これは特に建設関連の仕事を専門としているところに多く見られます。公共工事を請け負う建設会社などに顧客が多いところだと、どうしても春頃の時期は大量の書類作成に追われることになります。他の時期との差が大きいこともありますので、一時期に仕事が集中するという意味で激務となる可能性が高くなります。一方、離婚関連の事例を扱うところなどは、時期にあまり関係なくコンスタントに仕事が入ってきます。安定して仕事がある分、バランス良く仕事をしていけるので、激務にならず安心して働ける確率が高くなります。こうしたことから分かるように、求人を見る際にはどの分野での仕事をメインとしているかを知るのは大事なことです。

また、激務となるかどうかの1つのポイントとなるのは、事務所のある地域です。当然のことですが、地方部よりも都市部の方が全体的に仕事量が多くなりますし、作成書類の種類も多く複雑になる傾向にあります。また、都市部の中でも、ビジネスエリアに位置するところであれば、集中して依頼が来ることも多く、時間に関係なく業務が舞い込んでくるでしょう。もちろん、ビジネスエリアでの仕事は仕事量が多く激務となりやすいのですが、ある程度仕事内容が決まっているというパターンもあります。そのような場合であれば、ルーティンワークで仕事を流せることも多く、仕事量の割に時間がかからないこともありますので、慣れれば仕事を楽に行えるようになるでしょう。また、法務局などの近くに事務所を構えているところはコンスタントに仕事があるものの、官公署の時間に合わせて仕事の依頼が来ることも多いので、時間外の仕事が少なめとなっているのもメリットと言えるでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.