建設業許可に携わる行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 建設業許可に携わる行政書士求人

建設業許可に携わる行政書士求人

行政書士が携わる仕事は多く、書類は1万種類以上あります。そんな中で花形と言われている建設業許可に関わる求人について調べてみました。建設業は基幹産業であり、東京には10万を超える企業があります。

東京都の「ハピネス行政書士事務所」では、組織強化のために人員も増員します。求められているのは正社員で、専門分野の未経験者も雇ってもらえます。経験の浅い行政書士さんは専門分野の選定がある程度必要になりますので、良い経験が積めるでしょう。建設業・宅建業・産業廃棄物事業の許可、認可を中心にしており具体的には書類を作成し、行政省庁に届け出し、お客様との折衝も担当することになります。なお、行政書士を目指している方や有資格者は学歴不問です。会社自体は25年になり、経営も安定しており、従業員の年代も20代〜40代までで良い意味での「合理主義」です。なるべく残業しない主義なので、働きながら資格取得も夢ではありません。福利厚生もしっかりしており、この頃減少傾向にある社員旅行も検討中です。従業員が誕生日の際にもメンバーでケーキを食べたり、食事に行ったりと仕事以外のプチイベントも開催しています。

東京都の「ウエイビー」では、行政書士業務経験者(資格の有無は不問)で特に建設業分野が得意な人を募集しています。東京都だけでも無許可の建設業者はまだまだ多いのが実態です。企業化を応援したい行政書士事務所で、今回は渋谷近辺への事務所の移転も伴う人員増員です。職場の環境や事務所に関わる方々全体を笑顔にして、よりよくしたいと考える行政書士事務所事務所です。ある程度経験のある方を募集しています。

「行政書士清水すなお事務所」では多くの建築行許可に関わる仕事をしてきました。昨年の実績は依頼件数が200件ほどで、開業4年で事業内容も安定してきました。案件は神奈川、東京からが多くお客様の依頼に迅速にお応えするために今回は人員を増員することにしたそうです。有資格者、無資格者ともに求人しています。週に2から3日の勤務で時間は、午前10時から15時までとなりますので、試験勉強を並行して行う事も可能になります。実践から学ぶことは多いので、資格試験に向けて学びながら実地で経験を積む事は合格への近道です。

企業にとって建築業の許認可を請け負う行政書士は、その先も長いお付き合いになるケースが多くなります。行政書士側から見ると、企業を最初から知り一緒に成長できるという特別な顧客になる可能性が高いとも言えます。顧客と一緒に成長でき、ウインウインの関係に発展できると良いですね。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.