風俗営業に携わる行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 風俗営業に携わる行政書士求人

風俗営業に携わる行政書士求人

風俗営業の経営について調べてみると、お店を立ち上げる際の申請先は警察署です。お店を構える前に規定をクリアする必要があり、お店の立ち上げには専門家の対応が必要です。中には風俗営業を専門に扱う行政書士もあります。元警察官の方が行政書士になられたケースもあり、風俗営業のお店の立ち上げ以降の相談も受け付ける行政書士事務所もあります。風俗営業の許可を受けるのは、その分野に精通していることが必要で、行政書士が受ける報酬もこの分野では高く設定されています。難しいだけに風俗営業を取り扱う行政書士事務所は安定しているといえます。ひとくちに風俗営業の許可と言っても多種類のお店があり、分類もとても多いのが実情です。事務所の求人も他業界で仕事の経験をしている人や、一年以上仕事を続ける意志がある人の求人が良く見かけられ、色々なシチュエーションに対応出来そうな人材を求めているのです。

神戸の「行政書士 em plus 法務事務所」では、求人をしていて多数の応募があるため採用基準をきびしくしていると謳っています。この事務所の場合は、お店の立ち上げに遅れをきたさない様に手続きの合理化を図っています。顧客も地域である程度限定しているので、経験値が高く顧客もつくのでしょう。ある程度業界で経験を多く積んだ事務所で働く事は、行政書士にとってはとても貴重な体験でしょう。

銀座の「行政書士渡辺人支 事務所」では、資格取得の勉強中の人でも採用の可能性があります。やはり風俗営業の許可専門の行政書士事務所で、お店の立ち上げにまつわる他の資格取得も意欲的に出来る方を求人しています。同事務所でワンストップで、お店の立ち上げが出来れば顧客にとっても、事務所にとってもウインウインの関係です。

新宿の「行政書士テンポート綜合法務事務所」は行政書士(有資格者)を募集しています。事務所はやはり、顧客がワンストップで開業できるようにサポートしており、不動産業や融資を受けるサポートまで行っています。まさにプロの集団で、試用期間は時給で給料が支払われます。昇進の流れもしっかりと決まっており、給与の概算も提示しています。

繁華街では風俗営業を行う場合に規定が多く、専門家の指導のもとに営業許可を取る事が必要です。顧客も何軒もの専門家に任せるより、まるごと面倒を見てくれる事務所に任せる事が増えています。風俗営業の許可となると警察署への届け出が必要なので、その土地に根差している行政書士の事務所に採用されることも、行政書士の仕事を知る上でのポイントです。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.