一般企業(総務・法務など)の行政書士求人

行政書士求人トップ >> 条件/勤務先別 >> 一般企業(総務・法務など)の行政書士求人

一般企業(総務・法務など)の行政書士求人

行政書士の仕事を大きく分けると官公庁への提出書類の作成業務や許認可申請の代理業務。 コンサルティング業務や契約書類の作成業務等があげられます。 いってみれば行政書士は、行政と国民におけるパイプ役を担う法的専門家なので活躍の場も広範囲と考えられます。 建築の分野をはじめ運輸や交通などのかねてからある分野での行政書士の活躍はご存じの通りですが、こうした分野での行政書士求人は比較的少ないと考えられます。 というのも、こうした従来からある分野ではすでにベテラン行政書士が顧問行政書士として存在しますから新規採用のはなしは中々ありませんし、ここに入り込む事は大変難しいです。

しかし、現在のIT時代の新しい法的問題等には行政書士としての専門的知識以外にも色々な法的知識や理解が求められているので行政書士求人も多くその知識活かし大いに活躍する事が期待できます。 更に行政機関への書類提出には電子化に対応する事も昨今必要ですから新しい行政書士の力も求められています。 そのため、一見行政書士求人が少ないように思えますが、行政書士求人は多数存在し非公開求人として実は存在しているのです。

弁護士事務所をはじめ行政書士事務所。 病院や企業等の行政書士求人も多く最近は企業内行政書士として活躍される方も少なくありません。 ただ、企業内行政書士を目指す場合は、コンサルティング業務を行い行政書士の知識以外のスキルも求められるため、企業の行政書士求人の採用率を高めるには行政書士以外の資格、スキルを備える事が大切です。 企業では、行政書士も社員も同様に企業の即戦力になり得る人材が求められるので資格を持つ事で採用のプラスには働きますが内定のキメ手にはなりません。 そのため、行政書士以外の士業を持つとか、スキルや経験を備えることによって資格保持という強み以上に欲しい人材になる事が出来ます。

一般企業の行政書士求人は、あまりなく数が少ないように思え行政書士関連の情報をみても行政書士求人が少ないという声も多いです。 しかし、行政書士求人は競争率の激しい求人で応募者が殺到する求人とも言えるので非公開求人として扱われている傾向にあります。 そのため、一般的に求人情報が知られる事が少なく、目にする事も少ないのです。 いずれにしても行政書士求人に強い転職エージェントを利用する事により企業求人も多く希望の求人情報をいち早く知る事が出来ますので、効率よく希望通りの企業行政書士求人情報を得るためにも採用率を高め内定を決めるためにも転職エージェントの利用をお勧めします。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.