行政書士の仕事内容は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の仕事内容は?

行政書士の仕事内容は?

行政書士の仕事内容とは非常に広範囲の業務です。 多岐にわたる業務を行う行政書士の仕事内容は非常に幅広いものです。 例えば、官公署へ許可、認可に関する書類を作成したりその書類提出の代理も行いますが、行政機関への行政書類や権利義務、事実証明に関する書類作成等も行政書士の仕事です。 一般に行政書士は代筆屋とも言われており、それだけ業務は多岐にわたり代理で行う業務が多いのです。

建設業許可であるとか、飲食店の営業許可。 こうした書類を作成し代理で提出できるのも行政書士です。 また、自動車関連の書類作成や交通事故損害賠償請求等も行政書士が行う仕事です。 つまり行政書士は、顧客から依頼を受けると個人、法人に限らず行政書士法の知識を活かし書類を作成し、それを代理で提出します。 とにかく、行政書士が扱える業務は非常に幅広くそれゆえにやりがいも大きな仕事ですが、幅広い業務であるからゆえに行政書士資格だけでは間に合わないところも十分に考えられます。

そのため、行政書士として就職や転職を検討される場合は行政書士法を活かしながら広範囲にわたる業務を適切に行うためにも行政書士資格だけでなく他スキル、資格を保持するとより一層活躍の場が広がります。 又、一見行政書士は常に書類を作成するイメージが強くそれだけが仕事のように思える部分もありますが、行政書士は書類作成、代理業務も肝心ながら、実は顧客との打ち合わせ等も行政書士における仕事となるため営業力も非常に重要になります。

開業を目指す行政書士なら尚更、書類を作成し代理で提出する業務だけでなく、顧客を開拓しその顧客を維持する事が重要ですから営業力は非常に重要です。 つまり、行政書士の仕事内容は、行政書士法に基づいた仕事だけでなく営業を行うサービス業を行う仕事であると考える必要があります。 主な仕事が顧客の依頼に対する書類作成、代理提出ですが、それだけでは仕事が繁盛するわけではないため顧客との打ち合わせ業務も肝心です。

この要に行政書士の仕事は営業力が不可欠のサービス業であり、それなしでは資格を保持しても高収入が期待できる行政書士にはなれないのです。 開業する、しないに関わらず、行政書士には営業力が必須ですし、勤務行政書士なら尚更高い営業力が求められます。 そのため、行政書士としての将来を目指す場合は、資格取得はもちろん他スキルも十分に備え準備する事が非常に大切なのです。 行政書士の仕事とは、このように法律を扱いそれを提供するいわばサービス業であるといえるのです。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.