行政書士は働きながらなれる?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士は働きながらなれる?

行政書士は働きながらなれる?

行政書士は働きながらなることができるのか、という疑問ですが、行政書士を受けている人のほとんどが社会人です。司法試験のように特殊な環境下で勉強を続けないと受かるかわからない試験ではありません。

行政書士に関しては、誰でも受けることができるのが、行政書士のメリットです。そのため、学生が受けることもありますが、その学生も学校の勉強とは別に行政書士の勉強をするのですから社会人だとしても問題なく受験勉強は可能です。

【300時間の勉強が必要】
行政書士の勉強時間は最低でも300時間が必要といわれています。非常に膨大な時間ですが、1年のスパンで考えれば、1日たった1時間の勉強だけでいいのです。もちろん、朝7時に起きて深夜0時過ぎに帰宅をするという激務を送っている人に、たった1時間だからというのは極めて酷な話です。 勉強の時間以前に健全な生活が送れるのか心配ですが、そこまでの激務ではなく、1日1時間のんびりする時間があるのであれば、そこを行政書士の勉強時間へあてれば済む話です。しかも、年間換算をすれば65日は自由になる日があります。

ただ、人間は生命維持に関係のない記憶は1日で消えてしまいます。法律の勉強なんてものは生命維持に全く関係のないものですから、人間はすぐに忘れてしまいます。忘れる前に何度も記憶していくことで短期記憶から長期記憶の領域に書き換わるので毎日勉強をするというのが理想的です。

【専門の学校へ通う】
もし都市部に住んでいるのでしたら、資格に関係のある学校というものがあります。そのような学校へ通うことでより効率良く勉強をすることが出来ますし、同じような境遇で資格の学校へ通っている人もいます。そのような人を見ることで奮起してさらに勉強にも熱が入ります。

ただ、学校へ通わなければいけない、というわけではありません。最近では通信機器の発展が目覚ましいので自宅に居ながらにして学校で勉強しているのと同じ恩恵を得ることは十分に可能です。

学校へ通っても通わなくても、毎日勉強をして確実に行政書士になろうというモチベーションを維持し続けられるのでしたら、勉強と仕事の両立は十分に可能です。仕事があるから勉強できないというのは、一部の激務を送っているような人を除けば言い訳になってしまうのです。

モチベーション維持することが難しいと思ったら、別に行政書士にならなくても人生に何らかの不利益を被るわけでもないのですし、問題ないのではないのでしょうか。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.