行政書士の試験の勉強時間は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の試験の勉強時間は?

行政書士の試験の勉強時間は?

行政書士の試験の勉強時間ですが、個人差があって300時間から1000時間程度です。勉強時間の長さを聞くと非常に長いと感じるかもしれませんが、1年で考えれば1日1時間勉強すればのんびりする時間も取れるという計算です。

しかも、行政書士に関しては、司法試験のように法科大学院を卒業してから5年経つと受験資格が失効するといったような縛りがありませんので、勉強時間についてあれこれ考えて、勉強する時間が長いので難しい試験であると考えるのが間違っているのです。

ちなみに、受験資格に制限がないので、法律に対する知識が全くない人も受けることが出来ます。そのような人は一から勉強をするわけですから、勉強にかかる時間が長くなってしまいます。 逆に法律に関する知識がある人で、油断することなく勉強をしている人なら300時間程度勉強をすればいいのです。

さらに言い換えると、法律に関する知識がある人は300時間も勉強をしないと厳しいといえるのです。 ただ、受験勉強と同じで毎日の積み重ねが身を結びますので、あきらめずに試験までモチベーションを維持していた人が受かる試験です。

また、最近では丸暗記だけでは答えることのできない、記述問題が出てきます。 法律に関する理解と理論的に物事を解決できる力が必要となります。ただ法律を丸暗記するのではなく、応用力も最近では必要とされますので、以前よりも難しくなったかもしれません。

つまり、行政書士の勉強時間が何時間だと考えるのは必ずしも必要なものではないのです。行政書士の試験は合格ライン以上の点数をとることで合否が分かれてくるように、他人との競争ではありません。自分との競争なのです。

勉強時間が長時間であることに心が折れて、投げやりな気分で勉強をすれば、例え何千時間勉強をしたとしても無意味な時間です。諦めずに勉強をし続ければ数百時間で合格をするのです。 勉強時間を他人と比較すること自体がナンセンスな問題です。

また、最初の話に戻りますが、300時間の勉強で合格をすることが出来るということは、1日1時間毎日勉強をすれば、65日は暇ができます。人間の脳は1日経つとどんなに勉強して詰め込んだことでも、生存に必要ない記憶の75%は消去されます。忘却曲線と呼ばれるものなのですが、忘れる前に何度も頭に叩き込むことで脳が、これは必要な記憶だと理解するのです。

毎日、のんびりと勉強をすれば合格できる試験なのが行政書士の試験です。落ちても来年頑張ればいいと開き直り勉強を毎日しましょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.