行政書士に人気の転職サイトは?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士に人気の転職サイトは?

行政書士に人気の転職サイトは?

行政書士の資格取得のために勉強している人の30から40%が、仕事を持ちながら準備しているそうです。行政書士の転職サイトについて調べました。

人気ランキングで1位に長く君臨するのが「リクルートエージェント」です。特徴は、31万人を転職で成功させた実績と、知名度が高い故の優良企業から「良い人材を確保したい」との気持ちからの申し込みの多さと質が高いと言う評判です。非公開求人が10万件と破格に多くなっています。転職に活気がでるのは5月のゴールデンウィーク明けですから、新しい求人が増えるこの時期に良い求人を探しましょう。

転職の人気ランキングでリクルートの次に来るのが「DODA」です。求人数もリクルートエージェントと比較しても遜色なく多いのですが、大手有名企業となるとやはりリクルートエージェントに軍配が上がるようです。しかし、転職はおそらく会社名よりも転職してこれまでと何かを改善したいと思われているはずなので、DODAのサイトもかなりの人気度と言えるでしょう。ただ非公開の求人に関しては、8万件とやや少なくなっています。

ランキングサイトではおおむねリクルートとインテリジェンスの次というイメージの評価が多いマイナビエージェントですが、20代向けの中小企業の求人数が多いと総合評価を上げています。マイナビは大学生にはとても親しみのある、新卒の就活に強い企業で、転職に関しては後れをとっています。しかし知名度はあるので転職のサイトの方も、営業をしっかりとしてリクルートには行かないような中小企業の求人を確保しています。

ここまで説明した「リクルートエージェント」「DODA」「マイナビエージェント」ですがこの3社と一線を画すのが「リクナビネクスト」です。前者の3社がエージェント形式で、拠点事務所で面接や就活支援を受けるのに対して、リクルートが運営している「リクナビネクスト」はインターネット上で全てを完結できる転職サイトです。「リクナビネクスト」はエージェント形式の拠点事務所が近くにない場合や自分で転職活動を行いたい場合に使用するのに向いています。

リクナビネクストの求人数は変動があるものの、だいたい6000件ほどで、誰でも登録可能です。転職の場合は経歴がかなり影響しますので、経歴を見て企業からオファーが来ることも可能な機能を搭載しています。また、転職仲間機能も使用する事が出来、気になる転職活動者さんを見つけて仲間に指定すると良く似た求人を提示してくれる機能です。また、転職に関わる情報をサイト上に載せていますので、自分で勉強する事ができます。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.