行政書士にできる副業は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士にできる副業は?

行政書士にできる副業は?

行政書士にできる副業に関してですが、行政書士法違反にならなければ何を副業にしても問題はありません。行政書士という資格はその性質上、どこかに所属するタイプの資格ではありません。行政書士というのは独立開業をすることを前提としてある資格になっているのです。もちろん、大きな行政書士事務所へ就職するという道もありますが、そのような事務所へ所属して少ない仕事を取り合って一社員として大した給料をもらえないのでしたら、非常にバカを見るのです。

つまり、お客さんを集めて仕事をすればするほど自分は儲かっていきますし、事務所の初期費用なんてものはほとんどありません。電話とファックス、パソコンとパソコンの周辺機器があれば自宅でもすぐに開業することが出来ます。確定申告が心配だとしても、確定申告は専門の会計士へ依頼すれば済む問題です。つまり、誰かの下で行政書士をすることは、その資格を活かしきれません。

【予備校の教師】
予備校の教師を副業にしている行政書士もいます。行政書士は開業した当初にすぐ仕事が来るわけではありませんので、予備校の教師として働くというパターンがあります。予備校とは行政書士の資格を取得するための資格関係の予備校です。 そのような予備校の教師が行政書士の資格を持っていませんと説得力がありませんので、そのような予備校では行政書士の資格を持っている人を重宝します。

【会社員】
普通の企業に勤めて、その副業として行政書士をしている人もいます。つまり、平日は会社で働いて休日は行政書士として働くという働き方です。将来的には行政書士として独立をするまでは会社員を続けるというものです。これは行政書士が副職になるのですが、そのような働き方をしている人もいます。

【ライター】
行政書士の知識を生かしてライターを副業にしている人もいます。国家資格なのでその人が書くような文章に関しては高い報酬が払われる傾向があります。

【行政機関の窓口】
駆け出しの行政書士のアルバイトの一つに行政機関の窓口業務があります。ゆくゆくは行政書士一本で食べていくが、現段階ではそれが難しくて、アルバイトをしているというケースです。

【まとめ】
行政書士に関してはものすごくバリエーションのとんだ副職ができる職業です。そして、多くの駆け出しの行政書士が何らかの副職をしていたり、行政書士が副職という方もいます。行政書士法に触れない限り自由に働くことが出来ます。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.