行政書士の試験は独学で可能?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の試験は独学で可能?

行政書士の試験は独学で可能?

行政書士の試験は独学で可能か不可能か、それは個人の資質によるところが大きいので、独学で絶対に合格できます、専門学校へ通う必要なんてありません、とは言い切れません。人によっては独学では絶対無理という人もいます。 そこで、独学のメリット・デメリットを上げていきますので、自身で独学をするか、それとも専門の学校へ行って勉強をするかを選んでみてください。

【独学でのメリット】
独学のメリットはなんといっても、自分で勉強時間の予定を立てることが出来るという点です。専門学校へ通うにしても社会人なら急な会議や残業が入ってしまってすべての授業に出席できるとも限りません。

さらに、独学では専門学校へ通うとかかる費用が一切発生しません。授業へ参加することが出来ない日があったとしても、授業料は発生しますが、独学では授業料はないので金銭に余裕がなくても問題はありません。

そして、学校へ行く必要もないのですから、肉体的な疲労がかかりません。学校へ通うにしても地方在住の方は、専門学校自体そんなにありません。つまり、都市部まで授業を受けるためだけに車や公共交通機関で通わなければなりません。そして、学校へ通い月謝を払うだけで満足してしまい、自宅での自主勉強をしなければ、どんな学校へ通ったとしても行政書士の試験の突破は難しいです。

法律関係の試験の中では最も簡単な試験ですが、国家試験です。勉強をしなければ極一部の天才といわれる人でなければ、合格は不可能です。

【独学のデメリット】
独学のデメリットは無駄な勉強に時間をかけすぎてしまう可能性があるという点です。行政書士に関係のない勉強をいくらしたとしても、その努力は報われません。また、わからないところが出ても答えてくれる人がいないことです。わからないままなんとなくで理解したつもりでいては、応用力を試される問題で確実に失点をします。

そして、誰も勉強を見てくれる人がいませんので、勉強からそのうち遠ざかってしまう可能性があります。受験勉強よりも別の楽しいことがたくさんある世の中です。誘惑に勝ち続けるのは難しいことです。

そして、計画を立てても自分で予定を調整できてしまうので、最終的に試験日当日になっても勉強プランを完璧に消化することが出来ないという可能性があります。

【まとめ】
メリット・デメリット双方がありますが、どのような学校へ通っても、どのような独学をしようとも、やる気がなければ合格は難しくなります。自分のライフスタイルに合った勉強法をおこないましょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.