行政書士に営業力は必要?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士に営業力は必要?

行政書士に営業力は必要?

行政書士の仕事に営業力は必要です。 どんな商品でもつくるだけでは売れません。 やはり商品をつくるからには、それを購入してもらい人気が出ることで商売が繁盛するようになります。 行政書士も同様に開業等をした場合はその資格だけで食べていけるなんて考えは甘いです。

そもそも「行政書士という肩書きでお客さんがくるわけもなく、顧客を集客する努力が必要」です。 また、集客にはやはり「営業力が必要ですから行政書士には営業力を備える必要があります」。 資格を取得し仮に開業する場合でも、その時点では単に行政書士事務所の看板を出した状態ということなので、それだけでは誰も依頼をする事はないでしょう。 依頼を受けるためにもその「資格を活かすためにもお客さんを呼び込む事が必要で商売にするためにも営業力が重要」です。 そういう点では、営業職をすでに経験されている方、サラリーマンの方は営業力をすでに備えていますので、その営業力を活かし行政書士として高収入も期待できると思います。

ただし、営業力といっても集客する力だけでは不十分です。 やはり開拓する力も必要でどんどん新しいお客さんを集める必要がありますから、新規顧客を開拓する能力も当然備えるべきです。 更にお客さんに依頼を受けても一度きりでは商売が繁盛するとは思えません。 なので、行政書士は新規顧客を開拓する力と同時に顧客をつなぎとめる力も必要です。

つまり、行政書士は営業力となる顧客開拓力が必要ですが、この力を備えない事には高収入も期待できませんし、行政書士業界で生き抜く事すら難しくなります。 そのため、営業力を高め備えてからの開業が実際望ましいと考えます。 更に行政書士の場合は顧問契約という形に至らないケースが多く考えられる資格となるため税理士等とは異なり余計顧客を一度つかんだら、それをつなぎとめる努力が必要です。

税理士ならば、毎月の月次決算がありますので平均顧問契約の形です。 しかし、行政書士は税理資格とは異なる役割ですし、顧問契約に至るケースも少ないので余計営業力を必要としそこが重要となるわけです。 大体「顧客」対「行政書士」の関係とは、1回の書類作成のみで終了する場合が多いです。 だからこそ、行政書士には営業力が重要でそれなしには仕事が成り立たないのです。 そのため行政書士には、当然新規顧客を開拓する営業力と一度つかんだお客さんをつなぎとめるだけの営業能力が必要なのです。 「行政書士=営業力」がその業界の生き残りを左右します。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.