行政書士のやりがいは?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士のやりがいは?

行政書士のやりがいは?

行政書士のやりがいは人の役に立てる仕事ができるとう事です。 もちろん、人により行政書士に対するやりがいは異なりますので、頑張った分収入になる事がやりがいと感じる人もいるでしょう。

行政書士は身近な法律家として依頼者が解決できない事を解決出来る専門家でもありますから、解決できない問題を解決する事ができる達成感もやりがいとなり、感謝される事がやりがいにつながります。 つまり、行政書士のやりがいとは人それぞれに感じ方は違うものの感謝されたり、達成出来る事です。 ただ、行政書士という資格は非常に多岐にわたる仕事を扱う事ができます。 またその半面、行政書士の資格では解決できない問題が出てくる事も色々とあります。 そのため多くの行政書士が行政書士の資格だけでなく司法書士等の資格も取得し幅広く活躍しています。

資格を幾つも取得する事により仕事の幅が広げられますし、より多くの人のために尽くす事も出来る。 なので、行政書士の資格を持つ方は行政書士資格以外にも専門資格を取得し行政書士だけでなく他の士業と兼業し業務を行う事も多いようです。 いずれにしても行政書士はそれだけですべての問題を解決できない事と行政書士だけでは収入が不十分という事も考えられるため、行政書士以外の資格を取得される方が多いです。

ただ、行政書士は開業資格でもありますので開業を目指す場合は得意分野を作り、業務はあまり広げ過ぎずに専門分野を作る方が営業をやりやすくなるとも考えられます。 行政書士ができる業務は非常に幅広く、一人で全てをこなす事は非常に困難です。 そのため、行政書士として開業を目指す時はある程度得意を作り営業する事や他の士業と連携し協力関係を築く事も大切です。 広範囲にわたる業務を一人で行う事は、行政書士一人では難しいので、やはりある程度得意を作ると開業においては便利ですし顧客に対しても明確な解決につなげてあげる事も出来ます。

行政書士は、資格だけで成り立つ仕事ではありません。 開業を目指すなら尚更営業力が重要で顧客を開拓し顧客をつなぎとめる能力が必要です。 また、それが実現できれば当然それが仕事へのやりがいにつながりますし、依頼者の問題をしっかりと解決する事が出来れば顧客の信頼を得る事も出来ます。 そうすればその信頼が口コミで広がり、自然に顧客開拓にもつながります。 行政書士はどのような働き方でも依頼者の問題を解決する事がその役割のひとつです。 そのため行政書士のやりがいとは、そうした問題を解決し感謝され、それが信頼や収入へもつながる部分なのです。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.