行政書士でおすすめの転職先は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士でおすすめの転職先は?

行政書士でおすすめの転職先は?

行政書士でおすすめの転職先ですが、正直ありません。行政書士は企業に雇われて働いてはいけないのです。そのため、行政書士の資格を企業の中で活かすというのはできないのです。そのため、転職先でおすすめなところはないということになります。 行政書士は、独立して働いてこその資格です。そもそも、資格と資格に関する法律が独立を勧めるものとなっていますので、行政書士になったので、給料が上がるということもありません。起業して自分で販路を開拓して、切り盛りをしていった方が、非常に儲かります。

転職先はありません。そもそも、募集の広告を探すのは非常に困難です。行政書士事務所がかろうじて募集をしますが、行政書士事務所としてもわざわざ高給を出して自身と同じ行政書士を雇うメリットがありません。自分がその分働けばもうけを独り占めできますし、なにより雇った行政書士が退職するときにごっそりと顧客を奪って独立をしてしまっては面白くありません。

つまり、行政書士の転職先は行政書士の資格を全く活かさない普通の企業か行政書士の資格を拍として予備校などの教師になるか、独立をするか程度しか道はありません。行政書士を取得すればそれだけで、現在勤めている企業から特別報酬をもらえるというわけではないのです。なぜなら、企業の中ではその行政書士の資格を活かすことができないので、給料が+αになるのかなと考えて取得をすると、無駄な努力となります。

【行政書士の副職として】
行政書士は行政書士法で企業の中で資格を活かすことができません。そのため、資格の能力を活かすのではなく、資格を取ったという事実を活かすのです。 つまり、資格取得の予備校の教師として働くという働き方があります。資格試験の勉強を、資格を持っていないものが教えても説得力がありません。そのため、資格を持っている有資格者であるものが重宝されるのです。 また、行政書士窓口で働くというようなアルバイトの方法があります。

【まとめ】
行政書士は、企業の中で役に立つ資格ではありません。つまり、取得をしても企業としてうまみがありません。資格取得を応援もしませんし、資格を取得しても猫に小判ですから評価の対象外となります。 そして、行政書士の求人はほとんど皆無です。転職先を考えるよりは、どのようにして独立をするか、独立した当初のほとんど仕事のない時期はどのようにして過ごすかということを考えた方が、転職先を探すよりもメリットはあります。 資格を取った事実を活かすのであれば、予備校の教師という職があります。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.