行政書士で公務員になれる?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士で公務員になれる?

行政書士で公務員になれる?

公務員として行政に携わる仕事を一定期間すると行政書士の資格を取得できます。 ただし、一定期間を終了しなければ資格は取得できないので公務員の方が行政書士を目指す場合は、期間的に考えても働きながら勉強し試験を受けて資格を取得する方が早いかと思います。

では、行政書士の方が公務員を目指す事は可能か? 公務員になるためには、公務員試験に合格する事が必要です。 また公務員試験は職種ごとに違いますし、各自治体の試験も都道府県庁、地域ごとに試験の内容や日程が異なります。 受験資格は試験種ごとで異なりますが複数設けられていますので、併願する事も可能です。

例えば、国家公務員を目指し総合職を目指すのであれば国家総合職試験を受けます。 そのため、その試験で一次、二次試験を受けて合格する事はもちろん、各県庁の採用面接で採用される必要があります。 つまり試験の合格だけでは国家公務員になる事は出来ず、試験後の面接で内定を決めなくてはいけませんので、行政書士資格を持つことでプラス要因になる事は考えますが、試験合格、内定が無ければ国家公務員になる事ができません。

更に国家公務員の一般職を目指す場合も同様に一次試験、二次試験が課せられその後合格者は希望の官庁採用面接に臨みます。 つまり、国家公務員の一般職でも試験合格と面接での内定により公務員になれない場合もあります。 いずれにしても公務員を誰が目指す事も可能ですが、公務員試験を受ける必要はあります。 ただ、公務員試験とは国家資格試験等とは異なり就職のための試験ですから、受験料はかかる事無く受ける事ができます。

更に公務員になる事を希望する場合、公務員試験は日程さえ違えばいくらでも併願する事ができるので、公務員を目指す場合は、いくつかの公務員職試験を受ける事も検討すべきかと思います。 このように、公務員になるには公務員試験を受けて面接で内定を受ける事が必要です。 そのため、何らかの資格がある場合でも就職試験なので、その試験に合格する必要もあれば面接で採用される必要もあります。

行政書士で公務員になる事は可能ですが、公務員になるためにはご紹介するような公務員試験に合格する必要がありますので、行政書士の資格をお持ちでも試験における準備、対策は必須ですし、面接で採用を決めるための準備、対策も必要となります。 ただ、公務員試験は科目や出題される内容として試験の多くが共通しているので、それぞれの試験でそれぞれに対策を講じる必要はないと考えます。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.