行政書士で海外に携わるには?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士で海外に携わるには?

行政書士で海外に携わるには?

行政書士で海外に携わるには「国際行政書士」になるのが一番です。国際行政書士というのは行政書士の法律によって定められた仕事ではなく、俗にそう言われているものであり、特別な資格を持たずとも始めることができます(行政書士自体の資格はもちろん必要です)。

国際行政書士の仕事内容についてですが、代表的なのは外国人の入管手続きをサポートすることです。最近では仕事内容の幅が広がっており、企業相手の業務を行っている事務所もあります。グローバルな事業展開を望む国内企業、日本への事業展開を望む海外企業と、国際行政書士のサポートを必要とする企業は今たくさん存在しているのです。

特に国内だけで事業を行っているだけではわからないようなことも海外進出にはつきものです。わからないことは誰かに相談するしかありませんが、誰に相談すればいいのかすらわからないケースもあるので、そういった時に国際行政書士が手をさしのべてあげる必要があります。

行政書士の資格を取得するのは難しいですが、今の時代、資格を持っているからといって順風満帆な生活を送れるとはかぎりません。しかし、行政書士の中でも独自の強みを持っていれば、格段に業界で生き残りやすくなる性質があります。

国際行政書士は行政書士としての独自の強みを活かすのにもってこいの仕事です。他の行政書士と差別化できる上に顧客の層もかぶることはありません。そのため、この業界で生き残る方法を考えているのであれば、海外に目を向けてみるのもひとつの手段です。

また国際行政書士はゆくゆくは独立・開業にも役立つ分野です。一般的な行政書士の場合、どれだけ経験と知識を身につけたとしても、独立・開業するとなるとかなりの勇気や具体的なプランがいります。しかし、国際行政書士であればライバルが少ないので、思い切って独立・開業し、成功する可能性も高いわけです。

特に今後は日本を含め、さまざまな国でグローバル化が進むことが予想されるので、国際行政書士のニーズはさらに増していくことになります。そうなればますます成功する可能性が高くなるでしょう。

国際行政書士として海外に携わるにはある程度の英語力が必要です。海外に携わるということは外国人とコミュニケーションを取ることになるわけなので、世界共通語の英語は欠かせません。基本的には日常会話レベルでも大丈夫ですが、場合によっては高度な英語力が要求されることもあるでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.