行政書士の開業と会社勤務の比較は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の開業と会社勤務の比較は?

行政書士の開業と会社勤務の比較は?

行政書士として開業するには、試験さえ合格すれば可能です。 つまり資格さえ取得する事により開業する事はいつからでも可能です。 しかし、資格を持ち行政書士として登録するだけでは顧客をつかむ事ができません。 開業は資格を取得し登録をする事により完了します。 あとは、初期費用等必要ありませんし事務所も自宅にすれば済むはなし。 又、最初から人を雇う必要もありません。 一般に開業にあたり必要になると言えば、パソコンやプリンターと名刺や電話ぐらいです。 この準備さえ整えばいつでも資格保持者は開業する事ができます。

ただし、開業をするという事はそれで生計をたてると言う事になりますから、仕事における責任、収入に関する管理の必要性があります。 大体、自宅を事務所にしてさて仕事をしようとしてもお客さんがいなければ当然収入もないし仕事もありません。 なので、顧客を開拓しその顧客を維持する事が出来なければ開業する意味が無く収入さえ一銭も入りません。

つまり、行政書士として開業するにあたり、収入が安定しない事、廃業するやもしれないと言う事を念頭に置き十分に選択肢を検討しなくてはいけません。

しかし勤務行政書士の場合は、自分の法律家としてのスキルを最大限に活かしながらそれが収入に反映しますので収入が不安定になる事はありません。 企業もしくは事務所に働く事により、自分も持つスキルを活かし社会の役に立ちながらその頑張りが収入に反映される。 開業行政書士の場合は、自分が全ての責任を負い事務所を維持しなければいけませんので、やりがいがある半面将来性の部分が危うい面もあります。

大体、行政書士資格は開業資格であり、開業する行政書士が多い等というような情報も多いですが、実際は勤務行政書士として活躍する方も多く収入の安定を希望する行政書士の方も多いのです。 行政書士は、法律家としての知識を活かし頑張り次第でいくらでも収入を得る事が出来ます。 開業し、顧客を常に開拓しその顧客を維持し続ければ収入は安泰ですし、非常に高収入が期待できるでしょう。 しかしながら「行政書士=開業」ですべての行政書士が成功しているか?といえばそうではありません。 開業するには開業に至るだけの能力を備える必要があり、顧客を維持し続けるレベルの高い営業力が必要ですし、実際他士業との兼業でようやく収入が安定出来ているという声も多いのです。 ゆえに、行政書士は勤務行政書士という道を選択する方が多いのです。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.