行政書士の志望動機はどう書く?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の志望動機はどう書く?

行政書士の志望動機はどう書く?

志望動機を書く際は、やはりどんな仕事を目指すにしても本心をストレートに書く事が大切です。 明確に「なぜこの仕事を選んだのか?」という動機があるならその動機をストレートに語る事がいちばんよい志望動機になります。 しかしながら、本音を語るにしても本心だけをストレートに語れば曖昧な動機になってしまう事も多いので曖昧な志望動機にならならいためにも志望する企業もしくは事務所の業務に合わせた志望動機にすると明確な志望動機として相手側も受け取る事が出来ます。

本心をストレートに語るにしても自分の希望動機とその希望する就業先の業務が合致する事がいちばん望ましいので、希望先の業務をしっかりと把握しながら自分の動機と上手く合わせていく事が効果的な志望動機になります。 つまり、勤務行政書士を目指す場合は、自分の経験と希望する就業先の業務を関連付けて考えれば採用側も納得できる志望動機になります。 仮に希望する就業先の業務で何か気を引くようなものがあれば、そうした興味を持つ業務と志望動機を関連させて志望動機とする事もよいでしょう。

ただ、中には志望動機を希望する業務を簡単にチェックし「〜したかったから」というように志望動機を語るケースもありますが、こうした動機はありきたりで内定を決めるに至らない志望動機となってしまいますので、あくまで志望動機は希望の就業先業務と自信の希望を関連付けて内容を構成させる事がポイントです。 「〜したいから」等の志望動機は大体ありきたりです。 コレで採用側は内定を決めようとは思いませんし、とにかく内定を決めたいという気持ちが見えてしまいますので、志望動機は本心をストレートに表わしながら就業先業務との関連性も考え語る事が大切です。

志望動機は人により内容は異なりますし、それぞれにオリジナリティがありますが、やはり最終的には「ここでの仕事がしたい!」という強い意欲が見られなければ採用は難しいので、就業先を選んだのはここで仕事がしたいという意思をしっかりとアピールできる志望動機が望ましいでしょう。

行政書士求人は数的に少なく競争率が激しい職種です。 又、資格保持よりも他スキルを重視される傾向にあり、それが収入へも反映してきます。 そのため、勤務行政書士を目指し、就、転職を希望する場合は、資格があると言う事におぼれることなく営業力なり、英語力なり他スキルも十分に磨いて準備する事が大切です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.