行政書士になるメリットは?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士になるメリットは?

行政書士になるメリットは?

行政書士になるメリットについてですが、たとえば仕事内容が充実していることがあげられます。近年はどのような手続きを行うにしても書類を作成して関係機関に提出するという体制になっているので、行政書士のニーズは大きいです。特に体制の変化により、書類の作成の仕方が細かく変わることも珍しくないだけに、ますます行政書士の存在は無視できないものになります。

上記のことから、行政書士は就職や転職がしやすいメリットがあります。行政書士を本業にする人もいれば、副業で稼ぐ人もいます。いずれにせよ資格さえ持っておけば、どのような状況でも活躍できる場が用意されていると考えていていいでしょう。

それから独立・開業がしやすいジャンルの職業であることも大きなメリットです。実際に行政書士の多くの人が独立・開業をして事務所をかまえています。なぜ独立・開業がしやすいかというと、資金をそれほど必要とせず、本人の経験や知識も少なくて構わないからです。

ただし、独立・開業自体はできるものの、資金や本人の経験・知識が少ないとそれ相応の制限があります。資金を極力抑えたい場合は自宅をそのまま事務所として利用するケースが多いです。行政書士の事務所はパソコンやプリンターなど、ある程度の機器が揃っていれば十分なので、自宅でも問題なく開業することができます。もちろん自宅では嫌な場合は別に事務所を借りなくてはなりません。

本人の行政書士としての経験・知識が少ない場合は自分の事務所を運営しながら実務経験を積んでいくことになります。人を雇ったり、簡単な案件から始めていけば、このやり方でも十分運営していくことができます。このやり方に不安がある場合は一度行政書士として就職し、ある程度の経験・知識を積んでから独立・開業するのがいいでしょう。

行政書士としての経験・知識が豊富にあればさらにレベルの高い資格や別ジャンルの資格の取得を狙うこともできます。さらにレベルの高い資格には、たとえば弁護士や税理士などがあげられます。これらの資格はどれも法律に関わる資格であり、試験内容も似通っています。そのため、まずは登竜門である行政書士の資格を取り、徐々にステップアップを目指す人も多いのです。

別ジャンルの資格を取得すればダブルライセンスとなり、仕事の幅がさらに広がります。このように行政書士そのものだけでなく、他の分野にもいきやすいことも行政書士になるメリットといえるでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.