行政書士の求人倍率は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の求人倍率は?

行政書士の求人倍率は?

求人倍率とは、仕事を求める人一人当たりにどれだけの求人があるかを見るためのデータです。求人倍率が1倍ということは、一人あたり1つの求人があることを意味して、1倍より下回ると求人が少なく、1倍より多いと求人が多くなることを意味します。たとえば、求人倍率が2倍ということは、職を求める人一人にあたり、2つの求人があり、仕事を得やすくなるということを意味しています。経済情勢によって求人倍率は変動しますが、1倍以上の求人倍率を維持しているのが現状となっています。

国内の経済活動の活発さによって求人倍率は全体的に変わるわけですが、業種によってもその倍率は異なります。建設業などは求人倍率が高く、働き手が少なく求人が多い状態となっています。一方、行政書士の求人倍率はどうなっているかというと、残念ながら低い倍率となっているのが実情です。というのも、行政書士には有資格者しか業務を扱えない仕事がたくさんあるのですが、有資格者自体が増加していますので需要の割に働き手が多い状態なのです。また、行政書士の資格を持っている人は、個人で事務所を開いて独立する割合も多く、業務が分散してしまっているため、顧客の取り合いになってしまうという状況も見られます。そのため、大きな事務所などでも新たに有資格者を募集することがあまりなく、全体的に求人が少なくなっています。

一般の企業の中にも、業務の関係上行政書士を雇い入れるところもあります。そのような分野では、比較的求人を見つけやすいのですが、募集人数が一人のみ、もしくは少数というところが多く、募集人数という観点から見るととても少ないと言えるでしょう。全体的に求人が少ないのが現状ですので、行政書士の資格を活かして就職、もしくは転職を考えいるのであれば、さらなるスキルアップを狙うなどして工夫する必要があるでしょう。たとえば、今は経済活動がグローバル化していますし、外国人が日本に住んだり仕事をしていたりするケースが増えていますので、外国語を操れる行政書士は需要が多くなっています。中国語や英語などの言語に堪能であれば、より職を見つけやすくなるでしょう。

また、行政書士の有資格者は多くいますので、より経験を積んで即戦力となる人材が好まれる傾向にあります。そのため、まずはアルバイトという形でも事務所に入って、経験を積むというのは大事なことです。実際の現場で業務を重ねることで、経験ある行政書士として評価を上げて就職を有利にすることができるようになります。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.