行政書士の独立は多い?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の独立は多い?

行政書士の独立は多い?

行政書士は独立を促すような資格や法体制になっていますので、行政書士事務所に所属しているという人物よりも、独立をして稼いでいる人数の方が多くなります。

実際問題、求人自体がありません。例えば、企業が社員に行政書士の資格を取得させて様々な行政文集を作らせるというのは法律に触れます。行政書士の仕事は文書を作って対価をもらわないといけないので、企業が自社の社員に行政書士の資格を取らせて文書を作らせるのであれば、その社員にその都度、金銭を支払わなければいけなくなり、手間が変わりません。それどころか、その社員には給料も発生するのですから、外部の行政書士に文書作成だけを用があるときにだけ依頼していた方が、安く済むのです。このようなことから、行政書士の資格を取得したら、独立をして働かなければうまみがないのです。

さらに、行政書士事務所へ行政書士が雇われた場合、販路を大きく広げることができますが、ある程度条件をよくしなければ、部下や同僚の行政書士が辞めるに伴い顧客を奪う可能性もあります。販路を広げるならば自分ひとりで努力をした方がより金銭に繋がります。 これらのことから、行政書士は一人で働いていた方が、人件費も余計にかかりませんので、非常にいいのです。

【独立の仕方は?】
行政書士として働くなら行政書士会という場所で自分の名前を登録しなければいけません。この登録を済ませないと、行政書士として働くことができないのです。資格を持っていたとしても、行政書士とは認められませんので罰せられます。

行政書士の試験には受験資格がありませんので誰でも受験することはできますが、この行政書士会へ登録する際は未成年では不可能、そのほかにも複数の条件があり、その条件を満たしていなければ登録はできません。例えば自己破産中ですと登録はできません。破産手続きがすべて完了し終われば登録をすることが出来ます。そして、登録をすませてようやく独立となります。

【仕事の道具は?】
仕事に必要な道具一式に関してはパソコンと電話、パソコンの周辺機器があれば仕事をすることが出来ますので、ほとんど0円開業することが出来ます。開業した当初は仕事がありませんので、会社に勤めながら、休日は行政書士として働いているというのが一般的です。

【まとめ】
企業で行政書士を雇うメリットがないので、行政書士急募なんてものはありません。行政書士は就職先を探すよりも、どのようにして独立をするかということを考えた方が建設的です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.