行政書士の求人は少ない?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の求人は少ない?

行政書士の求人は少ない?

東京都の行政書士求人をざっと探してもその件数はおよそ数十件です。 つまり、東京でさえこの求人数という事は、他地域ではもっと少ないという事が考えられます。 もちろん、探し方によっては行政書士資格を持つ方優遇の資格保持者でなければイケないという求人はたくさんあるでしょう。 しかし、行政書士限定で求人を探す限りではその数がとても多いとは言えない状況です。

勤務行政書士は、それでなくとも年収にバラつきがありますから、未経験で勤務行政書士を目指すとなると月収20万円にもとどかないケースも多いです。 そのため、勤務行政書士になる事を迷われる方も多いですが、だからといっていきなり開業を目指すと言うのも無謀であると考えます。 いずれにしても行政書士の求人は数が少なく狭き門である事は確かですから、勤務行政書士を目指す場合は求人が少なく採用が難しいという事も十分に準備を行い求人ヘの応募が必要です。

では、その狭き門をどうくぐりぬけ勤務行政書士として働くか。 やはり、求人が少ないという事は競争率が高い求人であると言えるので、人に負けない何かが必要になります。 例えば、行政書士として開業するにも大切な営業力や他スキル。 これらが備わる事により行政書士の採用率はグンと上がります。 行政書士は開業するにあたっても営業力は必須ですが、就職や転職をするにしても資格より営業経験が非常に採用に有利なのです。 そのため、仮に行政書士経験が無い場合でも営業力をかわれ内定を決められた人すらいますので、勤務行政書士を目指す場合は資格の取得云々ではなく他スキルを十分に備える事が大切です。

又、行政書士資格に加え営業力や英語スキルがあることで年収すら数倍違う事になりますので、年収を仕事に見合うだけ得るためにも営業力や資格以外の士業を持つ事や他スキルを備える事が就職や転職における強みにもなります。 大体、行政書士の仕事とは非常に幅広くすべての業務に精通して業務を行える行政書士は中々いません。 なので、どんな行政書士でも初めての案件に取り組む場合は未経験者と同じで資格云々よりもチャレンジ精神、営業力の方が重要になります。 そのため、行政書士には資格保持が重視されるのではなく、営業力や他のスキルが高い方が重視され優遇されるのです。

行政書士求人は、平均に多いとは言えない状況ですが「資格+αのスキル」があれば高収入の期待できる求人の採用率も高める事が期待できるのです。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.