行政書士転職に英語力は必要?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士転職に英語力は必要?

行政書士転職に英語力は必要?

行政書士の転職に英語力が必要かどうかは転職先の業務内容によって異なります。業務で外国人に対応することがあれば当然必要になりますし、まったく対応しないということであれば特に必要ではありません。ただ、近年は外国人に対応している行政書士事務所も多いので、英語力があった方が転職で有利になることは間違いないでしょう。

外国人は日本との関わりにおいてさまざまな悩みを持っています。たとえば、ビザが取れなかったり、帰化できなかったり、会社の設立の仕方がわからなかったりするなど、悩みはつきません。もちろん関係機関に問い合わせたり、自分で情報収集するなどして解決を図るのですが、それでも結局どうすればいいのかわからなくなることもあります。

もし行政書士に英語力があれば上記のような外国人の悩み相談に乗ってあげることができます。上記の悩みは外国人が長く日本で生活しようとすればするほど必要になってくることなので、仕事としての重要性が大きいです。日本と関わりを持ちたい、日本で生活していきたいという外国人は現在たくさんいるだけに、ニーズがつきることはありません。

行政書士の外国人依頼者に対する仕事内容についてですが、外国人が日本で生活する上で必要な資料や書類を作成することが基本的な業務となります。官公庁が求める資料や書類は枚数が多く、複雑であることが珍しくないので、行政書士のスキルの見せ所です。また必要があれば依頼者が望む結果になるように官公庁と直接話し合いをすることもあります。

実際に英語力が必要な行政書士の求人かどうかは応募条件の項目を見れば書いてあるので、そこを確認してから応募するようにするといいでしょう。英語力について何も書いていなければまったく英語が話せなくても問題ありません。

英語力が必要な行政書士の求人の場合は基本的に応募条件の項目に「日常会話ができる英語力があること」といった風に記載があります。日常会話レベルであれば勉強して比較的短期間で身につけることもできるので、この分野の行政書士に興味がある人は一から始めてみるのもいいでしょう。

応募条件が厳しい求人の場合、「ビジネスレベルの英語力があること」といった記載になっていることがあります。この場合は本格的に英語を扱えないと難しいので、最初から得意な人向けです。ただし、こういった求人は応募条件が厳しいかわりに待遇はかなり優れていると考えておいていいでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.