行政書士で楽な仕事は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士で楽な仕事は?

行政書士で楽な仕事は?

行政書士で楽な仕事は慣れている案件内容にあたる際が当てはまります。というのも、慣れている案件内容であればすでにどのように仕事を進めればいいかがわかっているので、手早く終わらせることができるからです。ただし、いくら慣れているといっても、その案件自体がハードな場合もあるので、一概にはいえない部分もあります。

行政書士の仕事内容からいえば「書類作成」が楽な部類になります。というのも、行政書士が行う書類作成は複雑なものを除き、一般の人でもやり方さえ覚えればすぐに作成できるレベルのものが多いからです。実際に一般の人が「よくわからない」、「できない」、「手間や時間を省きたい」といった理由で作成の代行を頼むのが行政書士なので、その道のプロにとっては簡単です。

ただし、行政書士の仕事内容のメインは顧客とのコミュニケーションであることを知っておかなければなりません。行政書士は事務所にこもって黙々と書類作成をしているイメージがあるものの、実際はその作業は全体の仕事の一部にしかすぎないのです。そのため、楽な書類作成だけをずっとできると思っていては痛い目にあいます。

どのように顧客とコミュニケーションを取るかというと、まずは仕事を受ける顧客を探すことです。行政書士の助けを求めている顧客を見つけることができれば、後はその顧客から悩みを聞きだします。その悩みを自分の知識や経験と照らし合わせ、解決する方法を顧客に提案します。そして顧客がその提案を了承することで、ようやく書類作成の段階に入るのです。ここのコミュニケーションがうまくいかないと取引をスムーズに進めることができないので、行政書士にとってかなり大切なポイントとなります。

行政書士で楽な仕事をしたい場合は楽な仕事内容の求人を探すのがいいでしょう。求人には応募者に求める仕事内容が細かく記載されているので、そこから楽そうか、それとも大変そうかを判断することができます。また勤務時間や残業時間、休日・休暇といった項目も忘れずに見ておきましょう。

一番間違いのない方法は行政書士の独立・開業です。独立・開業すればどのような仕事をどれだけ行うかを自分自身が決められるので、自分自身が楽だと思う仕事内容にコントロールすることができます。行政書士はあらゆる業種の中でも、比較的独立・開業がしやすい業種として知られています。たとえ資金が少なかったり、行政書士としての経験が足りなかったとしても、問題ありません。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.