行政書士は転職に有利?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士は転職に有利?

行政書士は転職に有利?

行政書士の資格が転職に有利に働くかを考えた場合、資格保持だから就職を有利に運ばせる等という事はありません。

一般に行政書士の資格自体が独立開業の資格と言える事から、転職に際して有利に運ぶ資格ではありません。 しかしながら行政書士は専門性の高い資格ですから、それを活かせる場所は多岐にわたります。

行政書士は行政機関への許可や認可に関する行政書類等を作成したり、権利義務や事実証明に関する書類等も作成し提出の代理も行います。 ですので、そうした専門的知識を必要とする場所は色々とあります。 しかし、その資格が転職において「採用率を左右するほどの強みとなり得るか?」といえば、各企業では行政書士を雇うほどではないと考える事が多く、その「資格があるから採用率を高められるか?」といえば、そうではないと言うのが現実です。 ですが、本当に行政書士資格が全く採用率を上げられないか?といえばそれは違います。

基本的に行政書士は自分が開業しない限り行政書士の仕事はできませんから、どこに転職するにしても行政書士の業務を行う事が出来ない。 そのため、転職に伴いそれが有利になるかと言えば、残念ながら答えはNOです。 ですが 、行政書士資格はプラスに働く可能性はあるが、あくまで有利ではなくプラスに働くという事になります。 もちろんどこに転職するかによって資格が有利に働くか否かは異なります。 しかし、行政書士の場合はあくまで開業資格であり「転職に有利な資格ではないと言う事を踏まえ転職をする場合は+αのスキルを持つべき」と思います。

何度も言うようにその資格が有利ではなくプラスには働く可能性は十分にありますので、中には「資格保持=就職安泰」と考える方も少なくありません。 でも勘違いしてはイケないのが「資格取得=就職安泰」ではないので、行政書士の資格を取った場合でも転職を目指すならそれに加えた他のスキルも備えるべきです。 基本的に行政書士の資格を取り就職や転職を考える場合、行政書士事務所等を選択するケースが多いですが、行政書士資格を持つ方のほとんどは、結果的に修業を積んでいずれは開業となるケースが多い資格です。 そのため、行政書士の転職は現実難しいと考える事も大切です。

ただ、本人次第で状況は異なり、いくらでも転職が可能です。 というのも、行政書士という専門性以外にも色々なスキルを準備する事によっていくらでも転職は実現します。 行政書士に限らず、どんな資格でも保持すれば転職有利という事ではないので、保持する資格プラス他スキルを転職に備え準備する事は就職に限らず転職においても大切です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.