行政書士の適性(向き・不向き)は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の適性(向き・不向き)は?

行政書士の適性(向き・不向き)は?

仕事には何にでも向き不向きというものがありますが、行政書士にも適性があります。その1つが事務処理能力でしょう。実際の行政書士の仕事内容は、書類の作成がほとんどを占めます。毎日机に座って、大量の書類と向き合わなくてはなりません。いかに書類を処理して早く仕上げられるかが、行政書士の効率性の良し悪しとも言えますので、この能力が高いと大変効率よく仕事を進められるでしょう。また、たくさんの種類の書類を扱わなくてはなりませんので、正確にそれぞれの分野に適った書類を作り仕上げていく必要があります。こうした意味でも、正確な事務処理ができるというのは、行政書士に欠かせない資質でしょう。

これに伴って、根気とコツコツ仕事をするという性格も重要になってきます。朝から終業時間までずっとペーパーとにらめっこをして処理を続けていかなくてはなりませんから、飽きっぽい人はすぐに挫折してしまうかもしれません。また、新しい法律の改正があったり、書類の変更があったりすると、それに対応できるように勉強を行う必要が出てきます。常に勉強が求められる仕事ですので、こうした意味でもコツコツと積み上げていくタイプの人が向いていると言えるでしょう。逆に、日頃の勉強が苦手で、飽きっぽい人には難しい仕事で長続きしないかもしれません。

このように行政書士は、書類に向かって仕事をすることがメインになるのですが、同時に人とのコミュニケーションが求められる仕事でもあります。というのも、固定客が多いというよりは、いろいろな顧客と付き合うことが多くなる仕事ですので、毎回しっかりとコミュニケーションを取って、正確に書類の処理が行われるようにしなくてはなりません。こうしたコミュニケーションの良し悪しによって、リピート客が増えることにもつながりますので、人間関係を上手に築ける人はうまくやっていけるでしょう。特に、独立開業して個人で行政書士業務をしていきたいと考えているのであれば、これは欠かせない資質です。人脈が広い人ほど、コンスタントに仕事が受けられます。事務処理にばかり気を遣って、人脈作りを怠ってしまうような人には難しい仕事の仕方となるでしょう。

このように、行政書士になるための向き不向きには、能力だけでなく、その人の性格なども大きく関わってくることが分かります。この仕事でうまくやっていきたいのであれば、スキルアップすると同時に接客の仕方や人脈作りの仕方などを学ぶと良いでしょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.