行政書士の転職は年齢不問?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の転職は年齢不問?

行政書士の転職は年齢不問?

行政書士は一般的に開業資格と言われています。 そのため、行政書士の「資格が転職に有利か?」と言えば、答えは「NO」です。

しかし行政書士事務所などでは当然その資格が非常に重要なので、転職先によって資格が有利に働く場合もあります。 行政書士の転職は場所により資格が有利に働くか否かは異なりますが、行政書士はその分野の専門性を持つ人材となりますので、採用に関しては有利ではなくプラスには働く事が考えられます。 ただ、それで採用率が上がるのか?といえばそれは違います。

いずれにしても行政書士の資格を保有し開業に至るケースは少ないので、その資格を活かしつつ企業等へ転職を考える場合は、やはり行政書士資格に頼るのではなく+αのスキルを備え転職に向けた準備が必要です。 仮に行政書士事務所間で転職を検討の場合でもその資格以外に英語力、コミュニケーション能力を要する可能性は大いにあります。 なので、転職を考える時にはやはり資格におぼれることなく幅広いフィールドで活躍を目指すためにも様々なスキルを準備する事が結果的に行政書士の転職を有利にします

行政書士の転職の年齢制限については、各募集企業によって制限、条件は異なります。 例えば、行政資格保持者の採用を希望する求人の年齢制限は39歳までですが、他企業の求人は40代までOKという募集もありますので、年齢制限は平均的にありますが、すべてではありません。 行政書士以外のスキル、経験が備わる人材であれば行政書士資格を保持している、いないに関わらず企業にとっても即戦力となり得る人材といえるので、採用率が高められます。 つまり、どこに転職するかによって年齢条件は異なりますし、仮に企業、行政書士事務所等へ転職を検討する場合は、やはり事務所によって年齢制限のあるなしが分かれます。

ただ、平均に企業が求める人材は40代のラインなので、行政書士の転職に年齢制限があるとすれば大体40代と考えておくべきかと思います。 ただ、基本的に求人により年齢条件は異なりますので、年齢制限なく年齢不問の求人もありますし開業する事を考えれば年齢制限なく現役を続けられることになります。 しかしながら、行政書士資格が転職に有利か?という点は転職先により異なりますので、転職を検討される場合は行政書士資格だけでないスキルを準備する事は必須です。

例えば、渉外法務でキャリアを高めるための転職であれば、当然行政書士資格は有利に働きその資格保持が無ければ採用も見込めませんが、平均にその場合でも年齢制限が設けられる求人が多い傾向です。 更に行政書士が転職する場合、行政書士資格以外にも英語力を要する場合もありますので、転職には資格保持という強みだけでなく+αの強みを持つ事は不可欠です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.