行政書士の定年後は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士で海外に携わるには?

行政書士の定年後は?

行政書士の定年後は独立・開業するのが一般的です。というのも、定年前と同じく、どこかの事務所で雇ってもらうというのは年齢的に厳しいからです。行政書士という特別な仕事といえど、求人の応募条件には「年齢が60歳未満であること」といった項目があることが大半なので、定年後のプランを立てておくことも大切です。

定年後の年齢で独立・開業するのはハードルが高いというイメージがありますが、行政書士に関してはそれほど気にする必要はありません。なぜなら行政書士の独立・開業は他の業種と比べてかなり始めやすいメリットがあるからです。

なぜ行政書士は独立・開業しやすいかというと、まず資金があまりなくても始められることが理由としてあげられます。独立・開業を行う時に最も問題となりやすいのが資金のことです。定年後はそれまでに貯めてきたお金や退職金などがありますが、それらは老後に充てたいものですし、簡単に使うわけにはいきません。ましてや借金をするなど、相当の勇気がいります。しかし、行政書士の独立・開業なら数十万円の初期費用だけ用意すればOKです。他にもパソコンやファックス、プリンターなど、基本的な事務所の設備を整える必要がありますが、そういったものは家庭用のものでも十分ですし、わざわざ事務所を建てずに自宅で始めることもできます。

中には行政書士としての経験がないにもかかわらず、いきなり独立・開業するケースもあります。もちろん行政書士の資格は持っていなければなりませんし、事業の中で実務経験も積んでいくことになりますが、この事実からも行政書士の独立・開業のハードルが低いことがわかるはずです。

行政書士は事務所に雇われた場合、その事務所が割り当てる仕事に沿って業務を行っていくことになりますが、独立・開業した場合、自分自身の方針で仕事をうけることができます。そのため、たくさん仕事をこなすこともできますし、逆に無理のない仕事量に制限することもできます。そのように自分のペースに合わせて仕事をコントロールできることも、行政書士の独立・開業のメリットといえるでしょう。

行政書士の資格は試験にさえ通れば誰でも取得することができます。そのため、定年後のことを考えて若いうちに取得しておくケースや、定年後になってから取得するケースもあります。いずれにせよ行政書士の資格は取得しておいた方が将来の安定に繋がるのです。興味があれば気軽に受験してみましょう。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.