行政書士の採用基準は?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の採用基準は?

行政書士の採用基準は?

行政書士の採用基準は、各企業の考える経営理念を達する見込みの有無です。 要するに資格保持というだけでなく企業に役立つためのスキルを備え、志を持つ方が採用を決める面接においても内定を決める事が出来ます。 なので、仮に行政書士業務のできる求職者を募集する場合でも資格の有無を問わない求人が多く、それ以外のスキルを重視する傾向にあります。

行政書士の採用基準は資格の有無ではなく、それ以外のスキルを求める事が多いため、行政書士の資格を持ち別の企業へ転職を考える場合は、資格を保有するだけでなく英語スキルや営業スキルを備える事が大切です。 また、今まで専門としていた分野での実績は採用基準のポイントとなりますので、行政書士の採用基準は、資格保持と言うだけでなくそれ以外のスキルとそれに伴う実績が採用の合否を決めるひとつのポイントになります。 いずれにしても採用基準で大切なのは、実績やスキル以外にも志が高く企業の経営理念に達してくれる相手であるかがポイントなので、そこをアピールできるよう準備する事が不可欠です。

行政書士の採用基準とは、企業の経営理念に共感出来る事はもちろん、その経営理念に達する志があるかどうかです。 そして、資格を活かし社会の支えになるような業務が行えるかどうか、社会の期待に副える業務が行えるかどうかが採用のキメ手となります。 なので、資格を持つことで面接が有利、採用率が高いという事ではなく、仕事に対する志の強さが採用のポイントとなります。

企業によって採用基準は異なりますが、やはり採用をしようと思える人材とは、社会の役に立ちたいという志のある人です。 そのため、行政書士の採用基準も同様に社会に貢献したいという意欲があり、どんな難題にもチャレンジするという意欲がある人材です。

採用する側の意見は志の高い人材は必要だが、それよりも採用して応募者のためになるか?という点を重視すると言います。 つまり、応募する人は必ず入社を目的で面接に行きますが、面接をする側は志、経営理念への共感よりも入社後の事を考えて採用を決めています。 そのため、採用する事がその人のためになるかどうかで採用の合否を判断します。 なので「応募者=企業」で見た場合に企業に勤めても応募者のためにならないと感じる場合は不採用の場合が多く「応募者=企業」で想像した時に頑張って働いている姿が想像できれば採用になります。 また、行政書士の場合はいわば人のためになる仕事を誇りとして行う仕事なので、人のためになる事を今までしてきているかどうかも採用ポイントとなる傾向です。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.