行政書士で年収1000万円は可能?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士で年収1000万円は可能?

行政書士で年収1000万円は可能?

行政書士の年収統計等がネットでも紹介されていますが、行政書士の年収平均は個々により開きがあります。 大体、行政書士は開業する行政書士もいれば、行政書士の仕事をしていない方もいます。 なので、すべての行政書士の収入というのは人により異なり、地域により異なり平均というのが実際わからないものなのです。

もちろん、独立開業し事務所経営も安定している。 又、人を雇うほどの仕事をしているとなれば、年収1000万円以上はくだらないでしょう。 ただ、一般的な統計をみると行政書士の年収は最低で200万円、最高で5000万円以上なので、就業場所により違います。 更に、開業しているかそうでないかによっても違い地域によっても違うと言うのが正しい見解です。

なので、行政書士の方が高収入を望むのであれば、どのようにその資格を活かすかにより違うと言う事なのです。 行政書士は、選択肢次第で1000万円以上の年収が期待できますし、それ以上の収入を得る事も出来ます。 ですが、勤務行政書士は雇われの身ですから、当然収入もある程度きまりますので、1000万円以上〜5000万円を目指すのであれば、やはり開業行政書士としての選択肢がその希望に近付くための選択になると思われます。

もちろん企業により、その資格を活かす仕事になるかは異なりますが、1000万円以上の収入を得る事が期待できますし可能です。 ただ、いずれの選択肢においてもそれ相当の能力が無ければ無理な話なので、資格を持つと言うだけでなく、自分のスキルを常に高めていくという意欲が伴わなければいけません。 開業を目指すにしても営業力は非常に不可欠ですし、企業へ勤めるにしても営業力は必須です。 又、英語力等も必要になりますし、自分で独立開業するのであれば行政書士以外の士業の兼業等も必要になり、それがなければ開業が廃業になる可能性もあります。

年収1000万円以上にするためには、いずれの選択肢においても行政書士資格だけでは不十分ですし、今以上の努力が必要になります。 とはいえ、行政書士が年収1000万円以上にする事は可能で結論的には自分次第でそれ以上の年収を得る事が期待できる仕事とも言えるわけです。

いずれにしても行政書士の場合は、行政書士になりどのぐらいの年収を稼げるかに意識が集中しすぎる傾向にありますが、高収入を希望するならそれ相当の努力やスキルをつける事が必要であるといえるわけです。 どのような資格を持っていても努力しスキルアップし続けることで高収入は期待できます。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2022 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.