行政書士の履歴書のコツは?

行政書士求人トップ >> よくある質問 >> 行政書士の履歴書のコツは?

行政書士の履歴書のコツは?

行政書士の履歴書は、採用、内定を左右するものでもあります。 そのため、やはりそれで内定が決まるという意気込みでしっかりと作成する心がけが必要です。 採用に至るまでには、面接と同時に履歴書を持参するケースもあります。 しかしほとんどが、一次選考として書類を送付という事になり、その書類選考で通過出来なければ面接も出来ません。 つまり履歴書が内定を左右する大切な書類となるので、履歴書はその心構えで作成しなくてはいけません

では、履歴書は手書きがよいか、パソコンで作成するか。 履歴書は指定が無い限り、どちらで作成しても構いませんが、企業によっては手書き指定のところもあります。 なので、その辺は十分に応募の際にチェックして指定通りの履歴書を作成しましょう。 また指定が無い場合でも手書きが有利と考えて手書きにする方もおりますが、字のうまさに自信があるか、ないかで作成方法を決めてください。 無理をして失敗してもいけませんので、字の上手さに自信が無い場合はパソコンで作成する履歴書の方がよいでしょう。 履歴書は指定されている以外はいずれの方法で提出しても構いません。

行政書士の場合は、履歴書を作成するにあたり市販のものを使うより、オリジナル作成の履歴書の方が良い傾向です。 そのため、履歴書は内定さえも左右しかねる大切な書類なので、特に指定が無い場合は自作のオリジナル履歴書を作成し提出するようにしてください。 やはり選ばれるには、アピール力が大切です。 履歴書でアピールするにはこうした自作履歴書などのオリジナリティも必要なので、履歴書は内容もさることながら市販のものでなく自分だけの履歴書を作成し提出する事がお勧めです。

履歴書の内容は、市販のものなら趣味や特技なども記載欄がありますが、自作のものには趣味や特技欄を作らず、スキルを十分にアピールするだけでよいでしょう。 また、職務経歴書は提出すべき書類と考え履歴書、職務経歴書共に提出するよう心がけましょう。 一般的には履歴書だけの応募が多く「職務経歴書の提出を」と記載が無い場合履歴書だけを提出する方が多いです。 しかし、どちらも提出する方が採用する側の印象を上げる事ができます。 更に行政書士の就、転職において、作文も提出する場合があります。 この場合テーマが指定される場合はテーマに沿った内容でOKですが、テーマが指定のない場合は希望する就業先のホームページをよく確認し扱う業務に関するテーマを掘り下げ書く事が印象を高める事につながります。

行政書士が転職するならこの4サイトは推奨!

  サービス名 利用料金 転職可能
エリア
行政書士向け求人 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



TOP

条件/勤務先別の求人

行政書士転職のよくある質問

地域別の行政書士求人


Copyright (C) 2014 - 2017 行政書士求人探しガイド【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.